ランクアップ/サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦

株式投資でマイホームの住宅ローンを完済・種銭をつくり、不動産投資で大家業とサラリーマンの二刀流に挑戦しているブログです

MENU

3棟目の新築マンション事業計画と並行して、4棟目の新築マンション(事業計画MH-3)にチャレンジ

こんにちは!

本日もこのブログにお越しいただきありがとうございます。

サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦している、よしきさんです。

11月2日(月)のブログで、【3棟目の新築賃貸マンションの事業計画が再始動したこと】をみなさまへ報告しました。

 

11月2日(月)

yoshikisan.hatenablog.com

 

購入する土地の面積が減少したことにより、建築する建物も含めて事業計画の見直しとなりました。

そのため総事業費用が減少したため、通常は追加費用となるグレードアップ費用まで、銀行融資の対象となることで、建設会社さんと銀行さんの同意を得ました。

諸経費以外は銀行融資の対象となり、手持ち資金が十分確保できたため、4棟目の新築マンションにチャレンジしようと思います。

 

4棟目の新築マンション チャレンジ

>ボランテイアだと思って押してくださ<

 

人気ブログランキング 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

1 3棟目の銀行融資枠の活用

 

・土地の購入価格が値下がりしたこと

・建築面積が少なくなったことで建築コストが下がったこと

・事業費が下がったことで、ユニットバスや洗面所、キッチンなどの水回りの設備や仕様をグレードアップして総事業費を維持する

・室内共用廊下をホテル仕様にする

建築設備や仕様をグレードアップをすることで居室の賃貸料を維持し、当初事業計画の収益利回りを確保する

 

グレードアップをして仲介会社から【決め物件】にするブログ

yoshikisan.hatenablog.com

 

2 4棟目の土地購入ターゲットの設定

 

・新築以外で販売活動しているが、なかなか買い手がみつからない人の物件

 

3棟目の事業計画検討時から販売されていたが、さらにお値段が下がっていたため建設会社へ相談してみました。

 

不動産のお安い物件が販売される理由のブログ

yoshikisan.hatenablog.com

 

3 4棟目の基本プランの確認

 

・土地販売価格と建設プラン(ボリューム)と総事業費の確認

・物件の駅力と居室の面積から想定家賃収入の確認

・銀行融資目線の収益となるか確認

 

上記をすべてクリアーしました。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

4 土地販売会社との交渉

 

土地購入にあたり銀行融資を利用すること

・事業の基本プランができているため、2週間から4週間で銀行融資を確認すること

・その他条件については売主様の意向にあわせること

 

電話連絡で確認した翌日にアポイントを取り、購入申し込みを提出することにしました。

 

5 土地販売会社との交渉結果

 

・電話連絡をした日に、法人で土地物件の内見があったこと

・物件を内見した法人の購入稟議が承認されたこと

・物件を内見をした法人が、土地購入にあたり手持ち資金で購入するとのこと

 

土地販売会社より「手持ち資金で購入できる法人に販売します」との回答でした。

 

6 まとめ

 

不動産業界は「1000に3つ」という言葉がありますが、本当にほしい物件はなかなかめぐりあえないですね。

あたりまえですが、本当にほしい物件は他の人と競争となってしまいます。

 

すでにメガ大家さんとなった方や、アパート建売会社などは、土地購入に対して現金で購入できるため、おおきなハンデを背負っての競争となっています。

それでもあきらめずに、次のチャンスに向かってがんばっていきます。

>最後までお読みいただきありがとうございます<

 

 

 

 

 

人気ブログランキング 


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

>ランキングボタンもお願いします<