ランクアップ/サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦

株式投資でマイホームの住宅ローンを完済・種銭をつくり、不動産投資で大家業とサラリーマンの二刀流に挑戦しているブログです

MENU

不動産投資やブログの収入がある方は法人を活用しましょう!会計の【キャッシュフロー計算書】をわかりやすく解説します

こんにちは!

本日もこのブログにお越しいただきありがとうございます。

サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦している、よしきさんです。

11月26日(木)記事で【減価償却資産】についてみなさまへご報告いたしました。

 

11月26日(木)記事

yoshikisan.hatenablog.com

 

 不動産投資やブログの収益化でなどの収入がある方は、個人より法人を活用すると税金がお安くなることや、奥様や子供に所得を分散したすいといったメリットがあります。

 

法人活用のメリットの記事

yoshikisan.hatenablog.com

 

 「法人を活用するとしても、キャッシュフローってなんだろう」、「キャッシュフロー計算書にはプラスとマイナスがあるが、どっちがいいの」「キャッシュフロー計算書の分類にはどんな意味があるの」など思いますよね!

 

筆者は管理部門のサラリーマンキャリアをいかして、株式会社と合同会社を活用しています。

このブログではについて、財務三表のキャッシュフロー計算書をみなさまといっしょに勉強していきたいと思います。

>ボランティアだと思ってお願いします<

 

人気ブログランキング  


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

キャッシュフロー計算書

 

 

1 この記事を書いている人


登録1級建設業経理士:よしきさん

 

2 この記事をおすすめる人


・ブログを収益化したい人

・メルカリやオークション、ECサイトで物品販売をして収益化したい人

・不動産投資・相続不動産などを活用して収益化したい人

 

3 キャッシュフローとは


キャッシュフローとは、簡単にいうと「お金の流れ」のことです。

どこからお金を得たのかという「キャッシュインフロー」、何にお金を使ったのかという「キャッシュアウトフロー」で構成され、そしてキャッシュ・インからキャッシュ・アウトを差し引いた収支のことを「キャッシュフロー」といいます。

 

財務三表のうち「お金の流れ」を表示しているのが、キャッシュフロー計算書となります。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

4 キャッシュフロー計算書の目的


事業を経営するうえでお金の流れを把握することが大切であります。

会社は赤字でもすぐに倒産することはありませんが、お金がなければ倒産してしまいます。

特に償却資産など、お金支払いと費用が一致しないことがよくわかります


キャッシュフロー計算書を確認すれば、手元にある現金の金額を把握することができます。

財務三表のうち、「貸借対照表」はお金の調達方法と運用を表示し、「損益計算書」は利益の源泉を表示しています。

 

5 キャッシュフロー計算書の仕組み


キャッシュフロー計算書では、お金の増減をその性質によって大きく「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」に分類しています。

 

5-1 営業活動によるキャッシュフロー


営業活動によるキャッシュフローとは、その企業の事業がいくらお金を生み出しているのかを表示しています。

つまり「儲けたお金」を明らかにしたものです。

この項目がプラスなら本業が好調な状態であり、マイナスの場合はお金が不足しています。

営業キャッシュフローがマイナスの状態が続いている会社は、損益計算書上が黒字でも危険な状態かもしれません

キャッシュフロー計算書

 

5-2 投資活動によるキャッシュフロー

 

投資活動によるキャッシュフローは、会社を成長させるためにどれだけ投資しているかを表示していします。

新規に工場などの設備を購入するなどの投資をすればマイナスになり、設備を売却すればプラスとなります。


成長に向けて投資を続けている会社であれば、投資活動によるキャッシュフローはマイナスとなります

ただし営業活動によって得たお金よりも、投資活動によって支出したお金のほうが大きい場合は注意したほうがよいでしょう。

キャッシュフロー計算書

5-3 財務活動によるキャッシュフロー


財務活動によるキャッシュフローとは、お金の調達方法とお金の返済方法を表示しています。

銀行からの借入れや返済、株式の発行などがここに含まれます。

借金を返済するとマイナスになり、借入や株式発行によってお金を調達した場合はプラスになります。

基本的に優良企業ではマイナスになることが多いです

キャッシュフロー計算書

6 まとめ


キャッシュフローとは「お金の流れ」のことで、財務三表のうちキャッシュフロー計算書で表示されています。

会社は赤字でもすぐに倒産することはありませんが、お金がなければ倒産してしまいますので、お金の流れを把握することが大切なこととなります。


キャッシュフローの理想的な状態は、営業活動によるキャッシュフローがプラス、投資活動によるキャッシュフローがマイナス、財務活動によるキャッシュフローがマイナスの状態であり、これは本業が好調でお金が増え、会社の成長に向けて投資をし、借入金の返済が進んでいる状態となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

あわせてオススメするデッドクロスの記事

yoshikisan.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

>いつも応援ありがとうございます<

 

人気ブログランキング 


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

>ランキングボタンもお願いします<