ランクアップ/サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦

株式投資でマイホームの住宅ローンを完済・種銭をつくり、不動産投資で大家業とサラリーマンの二刀流に挑戦しているブログです

MENU

戸建てを賃貸する不動産投資が人気な理由とは?

こんにちは!

本日もこのブログにお越しいただきありがとうございます。

サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦している、よしきさんです。

 

不動産投資で戸建投資とは一戸建て住宅を購入して、入居希望者に賃貸すことで家賃収入を得る不動産投資のことです。

 中古戸建の物件価格が、300万円~700万円程度と比較的少額なため、初めての不動産投資として戸建投資をする方が多くいます。

人によってはもらった物件や100万円以下の物件を購入し、DIYでリフォーム代を格安にして家賃収入を得ている方もいます

戸建投資は土地価格以上の家賃収入を得れば、投資として成功したことになりますので、リスクはかなり低いといえます。

さらに、賃貸を続けて家賃収入を得て収入を増やしていくこともできるし、リノベーションをして魅力を上げて、売却することでも収入を得られます。

 

そこで繰り上げ返済額を750万円とし、残返済期間を15年とした場合の、住宅ローンの繰り上げ返済による利益と戸建投資をした場合の利益を比較してみました。

戸建投資をした場合の利益が2,812,714円お得になりましたので、皆様へお知らせします。

戸建投資

 

住宅ローンの繰り上げ返済による利益

 

・繰上返済額:7,500,000円

・繰上返済時の残返済期間:15年

金利:2.000%(もう少し安いですね)

・今後の返済総額:8,687,268円 

・今後支払利息総額:1,187,268円  

*ローン計算シミュレーションを利用

 

☆利益 1,187,268円

 

戸建投資をした場合の利益

 

首都圏で中古戸建25年~30年程度で3DKとした場合

 

土地価格     4,000,000円

建物価格        2,000,000円

リフォーム代      1,000,000円

移転登記他諸経費   500,000円

合 計        7,500,000円

 

月額家賃収入       70,000円

年間家賃収入        840,000円

表面利回り     12%

(移転登記他諸経費を除く 840,000÷7,000,000)

 

年間家賃収入        840,000円

空室損失(20%)     ▲168.000円

火災保険他(10%)      ▲84,000円

ネット年間家賃収入   588,000円

15年間の家賃収入 8,820,000円

 

☆中古戸建てにおける効果

家賃収入を住宅ローンの返済へ充当する

家賃収入 8,820,000≠8,678,268

 

☆利益   土地  4,000,000円

 

利益の差額

 

☆4,000,000-1,187,268=2,812,714

住宅ローンを返済しながら土地建物が手に入ります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

まとめ

 

いかがでしたか

首都圏の中古戸建を購入した場合でシミュレーションをしてみました。

地域によって購入価格や収入などは大きくかわると思いますが、ワンルームマンションの投資とくらべると、ファミリーがターゲットとなるため入居から退去までのサイクルが長くなります。

 

そのため空室損失を20%としていますが、もう少し改善される余地があり、また手間暇も少なくてすむと思われます。

さらに購入した土地や建物を担保として、戸建投資を拡大することもできます。

 

投資金額が比較的少なく、リスクも低いため大変人気な不動産投資となっていますので、みなさまも一度検討してみてはいかがでしょうか。

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

>いつも応援ありがとうございます<

>スターといっしょにランキングボタンもお願いします🥺<

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村