ランクアップ/サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦

株式投資でマイホームの住宅ローンを完済・種銭をつくり、不動産投資で大家業とサラリーマンの二刀流に挑戦しているブログです

MENU

給水申込納付金(水道加入金など)は権利として譲渡することが出来ます!

こんにちは!

 

本日もこのブログにお越しいただきありがとうございます。

サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦している、よしきさんです。

 

8月ですが梅雨のようなお天気が続いていますね、みなさまいかがおすごしですか

 

さて【コロナショック】で事業計画(KNー1)の土地売買契約が延期となっていましたが、先日無事に売買契約を締結することができました。

 

コロナショックに関するブログ記事

yoshikisan.hatenablog.com

 

土地仲介会社の社員が新型コロナウイルスに感染したことにより、売主様より土地売買契約締結の延期要請があったこと。

さらには保健所の指導により、濃厚接触者の行動が制限されていたことで延期されていましたが、約1ケ月後に土地売買契約を締結することができました。

 

【設計誤り】に続いて【コロナショック】で土地売買契約延期、『二度あることは三度ある』ということわざがありますが、『三度目の正直』を無事に迎えることができました。

 

売買契約の締結日に土地仲介会社から『給水申込納付金は権利として売買できるので、4割引で販売したいと』との提案がありました。

地方自治体により取り扱いが異なるかも知れませんが、筆者が新築する共同住宅の県は、権利を譲渡することできますのでみなさまへ情報共有致します。

 

給水申込給付金(水道加入金)

 

1 給水申込納付金とは

 

給水申込納付金とは新しく水道を使いたい方や、すでに使用している方が適正な水の量にあわせて、水道の口径を変える時に負担するお金のことです。

地方自治体によっては無料のところもありますが、「水道加入金」、「水道利用加入金」、「水道加入申込金」などと呼ばれることもあります。

 

給水申込納付金・開発負担金のしくみについて

千葉県企業局の給水区域内(千葉ニュータウン成田ニュータウン事業地を除く)において、水道を新しく引いたり、給水管(水道メーター)の口径を大きくする等の場合は、工事費とは別に「給水申込納付金」及び「開発負担金」を納めていただいております。

当局では、水道を引かれる皆様へ「安全で良質な水」を供給するため、浄水場や給水場、及び水道本管等の施設の整備をしております。

これらには多くの費用がかかり、この費用を水道料金に転嫁して料金改定をしますと、従来からのお客様が新しいお客様のための費用まで負担することになりますので、新旧需要者間の負担の公平という立場から、新しく水道を引かれるお客様には、これらの費用の一部を「給水申込納付金」及び「開発負担金」として負担していただいております。

「給水申込納付金」及び「開発負担金」は、直接お客様から企業局へ納めていただきます。

引用:給水申込納付金・開発負担金のしくみについて/千葉県

 

2 給水申込納付金の売買を提案された理由

 

今回の不動産仲介会社は「賃貸住宅の管理が得意な会社」であり、地元では老舗で最寄り駅のアパートをほとんど管理している会社です。

アパートの老朽化とともにアパートオーナーも高齢となると、建物を解体して土地を更地で販売することがあるため、アパートオーナーがもっている給水申込納付金の販売もあわせて提案されています。

 

筆者の土地購入の目的が共同住宅の新築であることで、給水申込納付金が必ず必要になること。

今回も同様にアパートをオーナーから預かり管理をしていたが、オーナーが高齢ということもあり、アパートを解体して更地として販売していましたので、給水申込納付金の販売が提案されました。

 

3 給水申込納付金のランク

 

水道は道路の下などに埋め込まれている配水管から分岐して、敷地内の水道メーターに引き込まれます。

このとき使われる給水管の大きさが「口径(口径サイズ)」となり、口径は給水管の内寸で決まり、13mm、20mm、25mmなどがあります。

 

口径は大きくなればなるほど、一度に流せる水の量が多くなります。

13mmと20mmでは2倍以上の水量の違いがあり、20mmのほうがより多くの水を同時に使うことができます。

単身用などの共同住宅は13mmで対応することが可能ですが、一般家庭用の給水管は20mmが主流になっています。

 

 

4 まとめ

 

筆者が計画している共同住宅は単身者用をターゲットとしているため、給水管の口径は13mmで計画されています。

今回ご提案があった給水管の口径は20mmであるため購入を断念しました。

 

アパート・マンションなどの共同住宅を所有している方、特に中古アパートやご自身の自宅など、建物を解体して更地販売する方はちょっとした【サプライズ】になるかも知れませんので、みなさまもチャレンジしてみてください。

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

人気ブログランキング 


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

<ランキングボタンもお願いします>