ランクアップ/サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦

株式投資でマイホームの住宅ローンを完済・種銭をつくり、不動産投資で大家業とサラリーマンの二刀流に挑戦しているブログです

MENU

汗のにおいの対策・予防策をしよう

こんにちは!

本日もこのブログにお越しいただきありがとうございます。

サラリーマンと投資活動の二刀流に挑戦している、よしきさんです。

汗のにおいが気になる季節になりましたね。エアコンのない屋外で少しでも動くと、汗が噴き出る方もいると思います。

汗のにおいの原因を理解して、この季節にやりたい効果的なにおい対策、予防方法などについて考えてみましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:yoshikisan:20200621104447p:plain

 

1 汗のにおいの原因は

 

1-1 汗にはにおいがない

 

汗がでる汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

「エクリン腺」は全身に分布しおり、主に体温調節を担っています。ここからでる汗は、ほとんど水分で、においの原因も含まれていません。

しかしこのほとんど水分である汗を放置すると、皮膚の表面の垢や汚れと混ざり、細菌に分解されることで、においが出てしまいます。

 

一方で「アポクリン腺」はわきなどの部位に分布していて、毛根を包む袋とともにあります。この汗腺も無臭です。

しかしたんぱく質が含まれており、皮膚表面の細菌によって分解されることで、においが発生します。

このように汗にはにおいがありませんが、汗をそのままにしておくと、様々なことによりにおいが発生します。

におい わきが 汗

画像引用: NULL公式オンラインストア

 

1-2 ストレスや疲労が原因になる場合も

 

ストレスや疲労などによって、血中のアンモニア濃度が高くなったり、汗腺が正常に働かなって、余分な成分が含まれたりすると、通常の汗のにおいよりも、においが強い汗がでることがあります。

一般的には「ストレス臭」や「疲労臭」と呼ばれています。

日頃からストレス解消や適度な休養を心掛けましょう。

 

2 この季節の体臭予防や対策は

 

2-1 こまめに汗をふきましょう

 

細菌が汗の成分を分解することで臭いが発生しますので、汗をかいたらこまめに拭き取りましょう。また、シャワーや洗面所でこまめに洗い流することで、臭いを防ぐことができます。

2-2 体を清潔に保ちましょう

 

お風呂はシャワーだけでなく、お湯につかって汗をかいて、においの原因を出しましょう。

また、早起きして軽くシャワーをあびましょう。

寝ているあいだにかいた汗や、皮膚に残っている垢や汚れなどのにおいの原因を洗い流すことができ、体臭が発生しにくくなります。

時間が取れない場合は、ボディシートで全身を拭きましょう。

2-3 通気性・速乾性に優れた服装をえらびましょう

 

通気性が悪い服装では、衣類に湿気がこもり、細菌が繁殖しやすくなります。

通気性・速乾性に優れた衣類であれば、湿気がこもるのを防ぎ、汗をかいても着心地もよいです。

f:id:yoshikisan:20200621104513p:plain

 

3 おすすめアイテムは

 

ご紹介するおすすめアイテムは、汗のにおいの原因として、汗の発生をおさえること、細菌の繁殖をおさえることができるタイプです。

3-1 男性にオススメアイテム

 

 おすすめポイント

・すべてのにおいに96%の消臭

・制汗作用で汗をブロック

・4つの抗菌成分で細菌の発生をブロック

・ジェルタイプでつかいやすい。

楽天売上N0.1

・今だけ、商品を返品しても全額現金

【メンズ専用 NULLデオドラントジェル】

3-2 女性にオススメアイテム

 

 おすすめポイント

・佐竹真実先生(エスポワール美容専門学校校長先生)絶賛

・ざわちんさんもTVで紹介

楽天で売り上げNO1等様々な賞を受賞

・殺菌力のつよいシメン-5-オールを贅沢に使用

・フェノールスルノン亜鉛酸を使用して制汗力アップ

・うるおい植物成分を使用し、保湿力や持続力が30時間以上

・今だけ薬用にごり石鹸とニオイ克服ガイドをプレゼント

まったく新しいわきが対策
わきが用デオドラント【ハイネス】

 

4 まとめ

 

この季節に気になる汗のにおい対策・予防策をご紹介しました。

汗の臭いの原因を理解し、適切な対策をすることで、汗のにおいの発生をおさえることができます。

 

また日々のお風呂習慣や朝のボディーケアーを見直して、汗対策をしていくことが大切となります

ご紹介したポイントを参考にして、汗ばむ季節を快適に乗り切りましょう。

 

関連記事

 

yoshikisan.hatenablog.com

 

はげみになりますのでお願いします。